スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー

<   2006年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧

Excite エキサイト : スポーツニュース

佐藤充がお見事。
これで、調子に乗ってきていたヤクルトを撃破。
先週はウサギも3連勝と撃破して、40勝を阪神より6分早く到達。
いよいよ、2強状態に突入してきたようだ。

中日 2 0 2 2 0 0 0 0 0 6 6
ヤクルト 1 0 0 0 1 0 0 0 1 3



勝利投手 [ 中日 ] 佐藤充(6勝0敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 丸山貴(1勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [ 中日 ] 井端 2号 1回2ラン、ウッズ 17号 3回2ラン
[ ヤクルト ] 青木 4号 5回ソロ
バッテリー [ 中日 ] 佐藤充 - 谷繁
[ ヤクルト ] 丸山貴、坂元、松井、高津、田中充 - 福川

打線も六安打点と抜群の効率のよさ。
ウサギのラフプレーで、福留を欠いていてもヤクルトに連勝。
ついにエンジン全開で、ついでに、佐藤は新人王頂でしょう。
e0026936_841726.jpg



さて、追う2位阪神も6分遅れでの40勝到達。
なんでも、40勝一番のりがここ数シーズンセリーグを制覇しているらしい。
ということは、いやいや、まだまだですよ。多分??

阪神 0 0 2 0 0 0 0 0 1 3
広島 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2


勝利投手 [ 阪神 ] 安藤(4勝3敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] ロマノ(2勝6敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(3勝0敗3S)
本塁打 [ 阪神 ] 金本 10号 3回2ラン、鳥谷 6号 9回ソロ
[ 広島 ] 倉 3号 5回ソロ
バッテリー [ 阪神 ] ダーウィン、江草、安藤、藤川 - 矢野
[ 広島 ] 大竹、高橋、ロマノ - 倉

とはいえ、相変わらずのタイムリー欠乏症。
中日の6安打、6得点にくらべ、10安打の3点とはいかに。
とにかくHRでしか点が取れないのはいかんともしがたい。
何とか投手陣が踏ん張ってはいるものの、いつかばててしまいまっせ。
ここにきて、片岡などベテランががんばりつつあるが、
若いのが伸びないと来年が苦しいぞな。
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-29 08:45 | 阪神と中日とオリックス
Excite エキサイト : スポーツニュース

予選不調、本戦不要、出番無し。

となってしまった王子が復活なるか??

結果は途中出場で、最後のPKを決めてイタリアが勝利となりました。

相手はヒディング率いるオーストラリア。

前回はこのヒディング率いる韓国に、ちょっと怪しい裁定があったが、敗れてしまっていた
だけに、リベンジとか、(なぜかこの試合はトッティが退場くらった。)言われたが、
普通に考えたら、イタリアの勝利はゆるぎないがさて、

最初はもう一人のスター、デルピエロでのスタート。

今回のイタリアは、中盤にタレントを擁し攻撃型のチームといわれたが、

前のポルトガル戦といい、今回のオーストラリア戦といい、
いつものごとく伝統の[カテナチオ]と呼ばれる、硬い守りが相変わらず目立った感じ。

まあ、マテラッティの退場で一人減った事で、守りに入らざる得なかったのだろうが、
それでも、結局相変わらずなのは残念。

e0026936_23573731.jpg


しかし、終わりよければそれでよし。
トッティが最後にPKを決めて勝利。
ここが重要なのです。

よーーーーく考えましょう。1982年のイタリア優勝時。
予選で不調だった、パオロ・ロッシが、本戦で、黄金の中盤といわれた優勝候補筆頭の
ブラジルを復活のハットトリックで、下し、そのまま優勝した。

また、1994年も予選不調のエース、ロベルト・バッジオが本戦で復活。
そのまま、優勝こそ逃したが、準優勝。

つまり本戦エース復活はイタリアの勝利を決定付けてきたいるのですが・・・・・
はたして、PK決めた事が、復活と言って良いのかは微妙だけど・・・?
e0026936_025110.jpg

[PR]
by maradoona10 | 2006-06-28 00:02 | サッカー
Excite エキサイト : スポーツニュース

今から、イングランドが試合しようとしてる中、昨日の試合の日記書いてる私。

良いのかこれで本当に??

さて、ドイツがいい感じです。さすが、評判悪い時のドイツです。

まったく、演技か、調子悪そうに見せるのは??
ちょっと、日本に苦戦してみたりなんかして。

おかげで日本が調子に乗ってしまってぼろぼろになったしまったじゃないか。
とにかくクローゼもきちんと足で決めてるし。

ドイツが優勝したら、またまた、評判悪い時のドイツか??

と言っても、評判悪い時のドイツは優勝はしない事の方が多いけど。

e0026936_23543155.jpg


さて、アルゼンチンです。
相変わらずなぜかこの方が目立ってますが。
e0026936_2355659.jpg


まままま、そこは愛嬌です。
実際この方の影響で今でもアルゼンチンが好きなチームだし。

今年はいよいよこの方の影響を払拭できるかどうか似かかってますね。

がんばるのだアルゼンチン。
と言っても予想はベスト8どまりにしちゃってる私。
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-25 23:56 | サッカー
皮肉にも、連敗で久保田が抜けた穴は問題にならなかった。

しかし、エースが踏ん張ったことでこの問題がいよいよ出てきた。

とはいっても、藤川がきっちり代役をこなしてくれたので、問題ないかんじ。

そういえば今回のシーズン最初もヤクルトに連敗して、始まった。

そう考えればまあ、いい形で再スタートとなったと勝手に思うのもありかと思います。
とりあえず、エース井川が最低限の仕事はしてくれたかと思います。

相変わらず先制されたのは気にはなりますが、

ヤクルト 0 0 1 0 0 0 0 0 0  1
阪神 0 0 0 0 0 3 0 0 X  3



勝利投手 [ 阪神 ] 井川(6勝4敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 石川(7勝5敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(3勝0敗2S)
バッテリー [ ヤクルト ] 石川、松井、坂元 - 米野
[ 阪神 ] 井川、ウィリアムス、藤川 - 矢野

もちろんわずかに3安打しか許さなかった訳ですから、かなりいい仕事したと言っていいのでしょうが、それでも、先制されてしますのが、どうにもきにはなる。

とりあえず、うさぎが落ちて、当面の敵はヤクルトとなった阪神。
中日が走り始めてますから、どう戦うか?見ものです。
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-25 23:33 | 阪神と中日とオリックス
Excite エキサイト : スポーツニュース

またもやホンダ勢が勝利。
N.ヘイデンが見ごろ優勝。これで、総合ポイントも頭ひとつ抜け出た。

1 N.ヘイデン ホンダ  144
2 D.ペドロサ ホンダ   102
3 L.カピロッシ ドゥカティ  100
4 V.ロッシ ヤマハ    98
5 M.メランドリ ホンダ   98
6 C.ストーナー ホンダ   78

総合ポイントはこうなりました。2位もホンダ。5,6位もホンダで、3位のカピロッシと
5連覇チャンピオン、V.ロッシが4位と食い込んでいるが、今年は確実にホンダが強い。

ホンダが今年こそタイトル奪還に燃えて結果として、奪還になりそうな形が見えてきた。

ロッシの逆襲も今回のレースは8位。
とはいってもまだ、半分も終わっていない。

まだまだ逆襲の可能性はあるが、ホンダがこのまま飛ばすか??
はたまた、ドゥカティがSTOP THE JAPANとなるのか。

ところで、カワサキの中野真也が2位に食い込みました。
F1と違って、バイクでは日本人はなかなかの成績を残してるライダーもいるのですが、
カワサキのマシン事態は今のところ・・・・・・・な状態ですが、
中野は踏ん張ったわけでしょうね。見れないからなんともいえないけど。

どちらにしても、中野がんばれ。
e0026936_23205371.jpg

[PR]
by maradoona10 | 2006-06-25 23:20 | MOTOGP

中日快勝、首位キープ

Excite エキサイト : スポーツニュース

サッカー付けになってましたので、久しぶりの野球ネタで。

中日が好調。交流戦あけ、うさぎが弱いとはいえ、
きっちり連勝で首位キープ。いよいよ前回モードか??

巨人 0 0 0 3 1 0 1 0 0 0 0 5
中日 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 6



勝利投手 [ 中日 ] 高橋聡(1勝2敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] 豊田(1勝2敗10S)
セーブ
本塁打 [ 中日 ] 森野 3号 2回満塁
バッテリー [ 巨人 ] 工藤、西村、高橋尚、豊田 - 実松
[ 中日 ] 山本昌、鈴木、岡本、平井、岩瀬、高橋聡 - 谷繁

最初はベテラン投手対決。しかし、山本昌が打たれてしまう。
その前に工藤がノックアウトで、山本昌はりきんだか??

とにかく、うさぎが粘ってついに追いつかれてしまった。
展開は完全な負けゲームなのに、ここで、粘ったことが大きかったようだ。

とにかく、リードはさせず最後、サヨナラ、
しかも、うさぎの抑えエースを打ち崩してのサヨナラ。

ある意味、うさぎの息の根止めかねない勝利。

サヨナラ森野がこれで一気に、乗っていくかな??
e0026936_23384195.jpg

[PR]
by maradoona10 | 2006-06-24 23:38 | 野球
負けました。課題派あまりのも多い気がします。

今まで、このブログではあまり感情を出さないように心がけて来たつもりです。

ですが、今回だけは言いたいと思います。

とてつもなく不甲斐ない結果に終わった今回のW杯

結局中田が言い続けたモチベーションの低さが露呈しました。

昨日のブラジル戦、前のオーストラリア戦。
ともに同点になった後、確実に落ち込んで、テンションが下がってました。

なんで??同点なのに、なぜテンション下げる。

本気で勝ちたいと思っていた選手が何人いたでしょ。
「いい試合がしたい」だけの選手が出る大会ではない。
それなら、でるな、といいたい。なめるな。
何十年と歴史を刻んできた大会です。どこの国も、その思いは半端じゃない。
だから、憧れとかだけでなく、勝とうという気持ちで全力でぶつかるのも礼儀です。

差が出てるのは勝とうという気持ち。

サッカーって団体競技ながら、1対1が重視されるスポーツでもあると思います。

中田、稲本、中沢ぐらいでした。1対1でもそこそこやれてたのは。

テクニックの発表会ではない、まず基本1対1でも戦える体をまず作る。
それから、テクニック、戦術、だと思います。

かなり厳しく言いましたが、試合後、饒舌に喋る選手と、そうでないものの差が気になった。

日本がW杯で勝つのはまだまだ先の話になりそうです。
e0026936_010235.jpg


本気だからこそ、こうなるのでは??
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-24 00:10 | サッカー
Excite エキサイト : スポーツニュース

おそらく日本中で、3時50分に目覚ましをセットした人が多数出たであろう今日。

結果だけ見たら予想通りでした。

夜の試合と言うことで日本の選手にとって非常にいいコンディションでの戦いでしたが、
逆に言えばブラジルも最高の状態で戦える訳です。

今の日本はまあ、こんなものでしょう。
だからこそ、あのオーストラリア戦が大事だったのですが。

客観的に見ても中田はよくがんばっていたと思います。
一人だけ、違う次元にいたように思います。
それはPLAYの質とかだけでなく、精神的なものとか。

・・・・・・勝つ・・・・・・、ただそれだけを目指してそこだけを突き詰めて。
でも、残念ながら彼にはかつてのマラドーナや、プラティニ、クライフのように、
一人の個として、チームを導くほどの力はなかったということでしょう。
e0026936_8405125.jpg


まあ、前の2試合のように選手ここに対する怒りはとかはありません。

相手がそんなレベルではないでしょう。
差が有りすぎです。前半は遊び、点を取られたところで、
「それじゃぁ、そろそろ本気で行きましょうかね」てな感じで、本気になられたら、
あっという間にやられたわけです。

e0026936_8434325.jpg


これを食らわせたことでその気にさせてしまいました。

不調だったロナウドは復活したといえるかどうかといえば言えませんね。
まだまだ、スピードが乗ってないきがしますが、試合なれして徐々にではありますが、
戻ってきている感じはありますが、それでも不調。
そんなロナウドすらとめれないのが、現状ってことでしょ。

F組みで一番ブラジルに失点したのも日本と考えれば、この予選敗退は当然だったでしょ。

e0026936_8465954.jpg


さて、日本は負けましたが、まだワールドカップは続きます。
このタレント集団が今後どのようなサッカーで、魅了してくれるのか楽しみです。

日本はこの敗戦をよくやったな度々言ってはいけません。
それでは勝てるチームにはなりません。
冷たく迎えてそれでも這い上がってくることを望みます。

まあ、ほんの10年前まではw杯で日本のことなんて語れなかったし。
普通にマラドーナとか、バッジオのプレイ見て感動してただけの時期に比べたらね。
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-23 08:49 | サッカー
今年は本当に強豪国が安定して、勝ってるW杯。

今もテレビで見てますが、メキシコが負けたら予想外ですが、
まだまだ、メキシコは追いつきそうな展開。

とにかくメキソコ追いつかないとやばいです。

さて、私が今年波乱が起こると思っていたのがイタリアの予選落ち。

根拠としては、チェコとアメリカが結構やると思ったのと、
イタリア事態が、国のリーグがかなり乱れていて、精神的に不安定ではと思ったこと。

ユベントスの八百長疑惑がかなり、影を落とすので派と思っていたわけです。

そして、自体は結構イタリアにやばい方向に向いてきました。
アメリカ戦を勝ち点3取れなかったのも痛いが、

ガーナにチェコが負けたため、次のイタリア戦で、チェコは勝たないとやばい状態になって、
これで、チェコが本気モードバリバリでイタリアの襲い掛かるでしょう。
e0026936_09695.jpg


ベテランのネドベドなど、曲者ぞろいのチェコがイタリアに襲い掛かるわけですね。

もう一つ、タダこれは思ったほどはらんでもない気がしますが、
フランスが追い込まれました。

次はジダンがでれません。
フランスはプラティニのときと同じ過ちを繰り返しています。

プラティニ、そいて、ジダン。傑出した男以外を作れない状況。

ジダンがいなくなったあと、 再び低迷期にフランスが入る可能性大です。

さて、イタリアはトッティ王子がどうやるかですね。
e0026936_0121436.jpg

[PR]
by maradoona10 | 2006-06-22 00:12 | サッカー
なんだかんだで両チームがセで安定した成績を残した。

ヤクルトがペナントレースとは違いちょっと調子がよかったけど、

それはそれであって、やっぱりペナントと変わらない、安定した戦いを
見せたこの両チームがおそらく今後もリーグをひっぱてって行くのではないでしょうか。


去年はぼろぼろだった交流戦を今年はかっちりと勝った中日が最短距離では。

なんとか3位にはいったものの、打線の状態は最悪の阪神は
これからが正念場でしょう。
e0026936_23554295.jpg


やっぱりこやつが鍵を握りそうです。

中日は投手陣は安定、となると、打線が鍵を握るのは、同じでしょう。

e0026936_2359752.jpg


この方に期待したいですが、写真が、中日のユニフォームじゃないのがすいません。
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-21 23:59 | 阪神と中日とオリックス