同じアジアですが、こちらは快勝でしょう。韓国本物への道。 (2006/06/14) の記事画像