スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

土肥が投げてますので、土肥について。

何度も言いますがわたしゃ関西の人間です。
そんな私がなんで、横浜の土肥って思いますかもしれませんが、
高校野球好きとしての見方ってのもありますよね。

ただ、今NHKで、横浜ー広島戦を見てるわけですが、
関西で果たしてどこまで視聴率が取れるのでしょうか??

最近サボり気味なので、今後はがんばりたいな・・・・・・とは思ってるブログの記事です。

さて、土肥は最初、西武に入団したが、中継ぎ扱いが気に入らないので、
先発で使ってくれるとこってことで、横浜に行ったと思います。

もちろん活躍できないようでは、先発で使ってもらえないので、
安定はしてるからこその使ってもらってるのでしょうが。


土肥は高校は春日部共栄と言う、埼玉の高校です。

彼が二年の時に、夏の甲子園に登場しました。

この時の埼玉は、選抜に準優勝した、大宮東が本命扱いでした。
余談ですが、優勝したのは我が地元大阪の上宮でした。

春日部共栄は2番手扱いでしたが、その最大の理由がエースの土肥でした。

2年の時点で既に全国級のエースとして、注目されていました。

大宮東には、平尾(阪神-西武)や鈴木選手なの強打者がいて、打のチーム
でしたが、埼玉大会で、共栄と対戦する前に敗れました。

でてきたらここは強いと思っていたらほんとに活躍してびっくりでした。

ちなみに、この年出てきたら強いだろうなと思っていたチームが
この、春日部共栄と、兵庫の育英でした。

実際に、育英は全国制覇、春日部共栄は、準優勝と、気持ち悪いぐらいに予想が
あたってびっくり仰天。
と言っても、こんなにあたったのは、この年が最初で最後でしたが、(≧∇≦)/ ハハハ。

でも、一番に予想していたのは近大附だったので、厳密にははずれなんですが。
一番、近大附 二番、育英 三番、春日部共栄って予想でした。

ちょっと、悪いことでいい思いもできましたね、この年は。

てなわけで、印象に残っている投手なんですが、土肥は。

でも、高校時代のイメージからすると、なんともこじんまりとした投手と言うイメージです、今。
大型左腕だったんですよね、高校時代は。

やっぱりプロは厳しいですね。
[PR]
by maradoona10 | 2007-05-12 16:33 | 野球