スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

予想通りの決勝で、予想と違う結末でした。

Excite エキサイト : スポーツニュース

いんやぁぁあ、すごかったねえ、やっぱりレベル高いっすねえ。

で、上戸彩いらないです、ファンの方にはもうしわけ無いけど[うざい]です。
彼女が出たからって視聴率変わるとは思えないけど??

さんまさんも相変わらずのヨーロッパびいきですねえ。
必ず顔出してますけど、スポーツ関係の番組では。
そこまで見る暇あるんですかね??

さて、ゲームの方はというかこの決勝事態予想通りの対戦。
果たして、他の試合はいるのか??て、疑問になりそうですけど。

岩本さんの復活はいいのですが、なんか、いつもオセアニアの代表が日本人を
途中で雇うってあたりがちょっとやらせっぽくて、なんかいやです。
岩本には罪は無いけど、なんだかなあです。

で試合ですが、普通にやれば正直、バルサの方が上だと思います。

でも、過去にこのクラブ世界一決定戦は番狂わせがよく起こってます。

モチベーションにかなり違いがあるように思います。
正直ヨーロッパのチームはあんまり重視してるように思えません。

南米勢が早い段階で来日して調整するのに、ヨーロッパ勢はギリギリまで来ません。

もちろんこれにはヨーロッパのサッカー協会の問題もあると思いますけどね。

結論から言えば調整不足のバルサと、調整万全のインテルナシオナルの差でしたよね。
多分。

じゃあ、調整不足のバルサにコテンパンにやられた準決勝の相手はどうなるねん??

と、また話ずれてますので元に戻してと。

前半ドゥンガも行っていたが引き気味にくると思っていたインテルが
結構前よりでプレーしてました。

結局は調整不足のバルサはとめれると判断したんじゃないかな。

中盤でロナウジーニョとかを早い段階で潰していたし、
引き気味ならもっとシュートバンバン打たれたかも知れないけど、
上手くフィニッシュまで持って行かさなかったのがよかったかと。

まあ、それもこれも今のバルサなら、大丈夫ってのがあればこその判断だったかも??

バルサは惜しいシュートいくつかあったというが、枠に入ってないのが多くてそれって
惜しいか??とか思ってました。

ヨーロッパ勢にしてみれば、CL制覇した時点で俺たちが世界一って思ってるだろうしね。

事実、もうそうだと思いますよ実力では。でも、そこで勝てるか勝てないかも
運を持つ人間だと思います。

と、いうわけで、ロナウジーニョは勝ち運が無いのかも知れないです。

真の意味でのスーパースターになるには勝ち運も必要かと。

どちらにしても、結局は調整万全のナシオナルが上手く勝利したってことででょうか。
そんな調整不足のバルサに逆にあれだけギリギリでしか勝てない訳だから、
ますます、真の王者を決める大会にするにはヨーロッパのサッカー協会も
もうちょっと協力してくんないかな??

そうなると、ヨーロッパ勢は他を圧倒するかも。

まあ、色々いいましたが、

インテルナシオナルの選手の皆さんおめでとうです。

余談、17歳の天才とか言いすぎだよ、日本テレビ。
確かに将来に期待したいけど、それはやりすぎでしょう。
[PR]
by maradoona10 | 2006-12-17 23:27 | サッカー