スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大阪桐蔭、中田が早くも高校通産64号

8日に行われた、秋季大阪大会決勝で、
大阪桐蔭が、16年ぶりの優勝となりました。

16年前といえば、右のサイドハンド和田と、オーバーハンドの背尾の二枚看板投手陣に
沢村、元谷、井上、萩原(元阪神)、玉山、光武、足立、白石と続く強力打線で、
平成3年の夏を初出場初優勝したメンバーの時。
それ以来の秋制覇。ちょっと意外でした。

決勝の相手は古豪、北陽高校。

北陽も、元オリックスの加勢敏弘以来の決勝進出で、以来の近畿大会出場を決めていた。

決勝は大阪桐蔭打線が爆発。

その中で、大阪桐蔭の中田が、清原に並ぶ通産64本にならびました。

記録更新は確実でしょうし、埼玉栄の大島が作った記録も抜くかも知れません。
で、何本だったけ、大島は??

北陽     0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 = 3
大阪桐蔭  0 9 0 2 0 0 0 2 0 × =13

北陽  秋元-八木
桐蔭  石田、那賀-岡田

(本) 上杉(北)  中田、那賀(桐蔭)
安打数  北陽 3   桐蔭 10

また、3位決定戦は東海大仰星が勝ち大阪3位で近畿大会出場を決めました。

中田投げないのかなあ。
[PR]
by maradoona10 | 2006-10-10 01:12 | 高校野球