スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

皇帝去る。でもまだF1は続くのであります。

Excite エキサイト : スポーツニュース

F1界の皇帝M・シューマッハーが引退を表明しました。

自動車レースの最高峰で、トップであり続ける事の重圧はすさまじいものだった出しょう。

勝たないと、たたかれ、また勝ち続けてもつまらないとたたかれ。
それでも踏ん張り続け、そして、もういいと思ったのでしょう。

シューマッハーと言えば計算高い戦略の人と思われがちですが、
デビューした頃は良く暴れていました。

周りを巻き込んでのクラッシュとかもありましたよね。

当時はセナ、プロスト、マンセルの時代。

マンセルばりにやんちゃだったころもあり、しかし、そのマンセルは勝てない人でした。

音速の貴公子とか古館さんが勝手に行ってたセナも勝ち続けることはできず、
ウィリアムズに移籍後、あんな事になってしまった。

勝てない時代も耐えて、フェラーリをここまで押し上げたのは賞賛です。

勝てないマシンだと知るとさっさとどっかのチームに移ってひたすらできあがった
勝てるマシンにしか乗らない連中とは違いますね。と、勝手に褒めてます。

ライコネン派なのは、基本的にやんちゃ坊主が好きなのです私。
一発は早いが、あらもでかい。そんなのが好きです。

さて、話がそれたようですが、ありとあらゆる記録を抜いて、最強の王者となった
訳ですが、やはり、彼はずっとセナの幻影を振り切るのは大変だったでしょう。

セナがいたら、ここまでなれなかったという人がいまだにいます。

実際どうだったかわかりませんよね。なったかもしれないし、なれなかったかも。

死んで伝説になってしまった人と争うのは大変ですよね。

でも、シューマッハーは生きて伝説になったのですから、
もう、セナとは違う最強の男を素直に褒めてあげよう。

そして、まだ三戦残っていますが、最後に、今後のF1を背負う若者たちに、
最強の壁となって立ちはだかってもらいましょう。

シューマッハーがいたらなんていわせない。だって生きてるのだからシュー様は。
さらば最強の王者と言っても来ましょう。

e0026936_12551232.jpg

[PR]
by maradoona10 | 2006-09-11 12:50 | スポーツ全般