スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神連敗ストップ。エースと新押さえがきっちり。

皮肉にも、連敗で久保田が抜けた穴は問題にならなかった。

しかし、エースが踏ん張ったことでこの問題がいよいよ出てきた。

とはいっても、藤川がきっちり代役をこなしてくれたので、問題ないかんじ。

そういえば今回のシーズン最初もヤクルトに連敗して、始まった。

そう考えればまあ、いい形で再スタートとなったと勝手に思うのもありかと思います。
とりあえず、エース井川が最低限の仕事はしてくれたかと思います。

相変わらず先制されたのは気にはなりますが、

ヤクルト 0 0 1 0 0 0 0 0 0  1
阪神 0 0 0 0 0 3 0 0 X  3



勝利投手 [ 阪神 ] 井川(6勝4敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 石川(7勝5敗0S)
セーブ [ 阪神 ] 藤川(3勝0敗2S)
バッテリー [ ヤクルト ] 石川、松井、坂元 - 米野
[ 阪神 ] 井川、ウィリアムス、藤川 - 矢野

もちろんわずかに3安打しか許さなかった訳ですから、かなりいい仕事したと言っていいのでしょうが、それでも、先制されてしますのが、どうにもきにはなる。

とりあえず、うさぎが落ちて、当面の敵はヤクルトとなった阪神。
中日が走り始めてますから、どう戦うか?見ものです。
[PR]
by maradoona10 | 2006-06-25 23:33 | 阪神と中日とオリックス