スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

まあ、この形が自然ですね。いよいよ2強対決。一位阪神、2位中日

う~~~ん、ようやっと両チームが定位置での争いになりそうです。

両チームともエースがしっかり投げての勝ちとなりましたので、
これから火花が散らしそうですが、相変わらず、直接対決は
阪神は中日に弱いので、巨人に昨年ほど阪神が勝てないと、
今年は中日に凱歌があがりそう。が、その中日も今年は巨人二イマイチ。

とはいえ、巨人がかなり落ちてきているので、(今日もダルビッシュにひねられてました)
今後は巨人戦の流れは変わっていくことでしょう

では、巨人に変わって2位浮上の中日。
お客様のオリックスとの対戦。

あっさりひねっちゃいました。清原復帰でどうなるかと思ったが、
関係ありませんでしたね。

川上がしっかり投げて岩瀬につないで、きっちりと勝利です。

ただ、9安打で、3点はちょっといただけないかな。
まあ、エースと押さえがしっかりしてるから大丈夫でしょう。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
中日
     0 0 0 1 0 0 2 0 0 3  9 0
オリックス
     0 0 0 1 0 0 0 0 0 1  7 0


勝利投手 [ 中日 ] 川上(6勝1敗0S)
敗戦投手 [ オリックス ] オバミュラー(1勝3敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(0勝2敗14S)
バッテリー [ 中日 ] 川上、岩瀬 - 谷繁
[ オリックス ] オバミュラー、加藤、山本、萩原、岸田 - 的山、日高
[PR]
by maradoona10 | 2006-05-31 00:11 | 阪神と中日とオリックス