スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今年のドラフトの目玉、近大 大隣は元京都学園(旧京都商)

Excite エキサイト : スポーツニュース

阪神。中日がともに快勝しました。いつもならこのネタなんですが、
今日はあえてちょっと外れてみようかと思います。

この大隣くんは、高校時代は無名ではありませんが、桧舞台にはあまり縁がなかった。

かつては京都を平安と共に引っ張っていた、名門 京都商。
しかし、現在は京都学園と名前を替え、かつての名門の面影はあまりない。
大体県大会でも早い段階で敗れていますし、注目されなかったのはしかたない。

そんな京都学園が唯一平成に入って注目されたのが、この大隣がいたときのチーム。

井口2世といわれたいました。

井口投手は、京都商が準優勝した時のエース。(1982年)
この年は、優勝した報徳学園の金村(今は単なる酔っ払いのおっさん)や、
43才の今も現役で活躍の大投手、工藤公康や、早稲田の荒木大輔、前橋工の渡辺久信
北陽の高木など、後にプロでも活躍した投手が目白押しの大会。

「守りの京都商」らしく、この井口は3試合連続完封などで何とか勝ち抜いたチーム。
決して強いチームとは思えなかった。

で、大隣のときのチームも似たような感じ。
大隣が抑えないと勝てない。

だが、春季大会を京都学園制覇した事で俄然注目を集めたが、
結局それがあだとなったかな??

あまり注目されずに夏を迎えた方がよかったかも。

ソフトバンクに行くそうだ。関西に残って欲しかったなあ。仕方ない。
大学で開花した彼がプロでモ活躍する事を祈ろう。

ただ、井口2世といわれたが、井口は右投手だったような????
[PR]
by maradoona10 | 2006-05-14 04:05 | 高校野球