スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

全部負けてしまったよ。悲しい。

というわけで、本日応援していたチームが見事全部負けました。
ありえないよぉぉぉぉ。

毎度言う事ですが、関西なので、基本的に阪神の試合と、巨人戦が
どうしてもテレビ観戦の中心になってしまいます。

またまた、巨人が勝ったらしい。強いですね。
なにせ、桑田が勝つくらいですから今の巨人はどこか止めれるのでしょうか??
なんにせよ、堀内君っていったいなんだったのでしょうか??

では、まずはその巨人を追う中日ドラゴンズ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
中日  0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
ヤクルト 0 0 2 0 0 0 0 0 X 2 5 1


勝利投手 [ ヤクルト ] 藤井(1勝1敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] マルティネス(1勝2敗0S)
セーブ   [ ヤクルト ] 石井弘(0勝0敗2S)
バッテリー [ 中日 ] マルティネス、平井、小林 - 谷繁
       [ ヤクルト ] 藤井、木田、五十嵐、石井弘 - 古田

試合内容を見てなので、なんともいえないのですが、データで見る限りは
これは投手の責任ではないですよね。特に荒木と井端がねえ、
一、二番が出てくれて足でかき回してこそ、福留、ウッズ、アレックス、が生きてきそうなんですが、と言ってもその福留と、ウッズも今ひとつ。
まあ、もともと守り勝つチームなんですから、この貧打線はある程度しょうがないけど。
2番井端で、阪神戦辺りは復調の兆しだったけどなあ。

続いてオリックス。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計 安 失
楽天    0 0 3 0 2 0 0 1 0 1 7 14 0
オリックス 0 0 2 2 2 0 0 0 0 0 6 9 1



勝利投手 [ 楽天 ] 小倉(1勝2敗0S)
敗戦投手 [ オリックス ] 萩原(0勝2敗0S)
セーブ [ 楽天 ] 福盛(0勝0敗3S)
本塁打 [ 楽天 ] 礒部 1号 5回2ラン
[ オリックス ] 阿部真 2号 3回2ラン、大西 1号 4回2ラン、中村 2号 5回2ラン
バッテリー [ 楽天 ] インチェ、青山、小山、小倉、福盛 - 藤井
[ オリックス ] 川越、平野佳、菊地原、萩原、歌藤 - 日高

楽天には勝っておかないとね。しかし考えてみたらここはオリックスにうらみつらみの方々
たくさんいるわけですよね。小倉もその一人かな??
なんにしても、野村監督がどこまでやるか??
後、清原が躓いてるのと、本塁打3本も出たのに。
紀も打ったのにね。

最後は阪神。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
広島
     0 0 0 0 0 0 0 0 2 2  5 0
阪神
     0 1 0 0 0 0 0 0 0 1  7 0


勝利投手 [ 広島 ] 黒田(1勝1敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 江草(1勝1敗0S)
セーブ [ 広島 ] ベイル(0勝0敗4S)
本塁打 [ 阪神 ] 浜中 7号 2回ソロ
バッテリー [ 広島 ] 黒田、ベイル - 倉
[ 阪神 ] 江草 - 矢野

ここはテレビ中継がありましたのでちゃんと見てました。
まずは浜中のハイペース7号本塁打。いよいよ浜中が開花する時が来ましたかね。
しかし、これ以降、再三のチャンスを逃しまくる。
その、一番の原因はなんと言っても、今岡。
昨年までの姿はどこえやら。チャンスにことごとく凡退
しかもダブルプレーの併殺打。次の浜中が当たっているだけに、なんとももったいない。
もちろん、広島の先発は黒田ですから、そう簡単には打てませんが、
それでも、、あまりにも、崩せそうで崩せない。
結局、最終かいまで、江草が、がんばったが、最後に力つきました。
中継ぎに不安があったし。完封目前だったから変えずらいのは仕方ないが、
昨年の優勝を支えて奴らが、やはり、昨年の疲れか今のところ足を引っ張っている。


てな訳で、どうしても、テレビ観戦可能な阪神がコメント長めですが、
ご了承くださいませ。
[PR]
by maradoona10 | 2006-04-16 22:29 | 阪神と中日とオリックス