スポーツ見るだけが好きな男。なので、自分なりの観戦記を書いてまた仲間もさがしたいなと。


by maradoona10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

横浜高校(神奈川)

 私立  3年ぶり11度目
 
 秋の試合  69試合 65勝 3敗 一分

チーム打率 376 本塁打数 56本 打点561

チーム防御率 2.03 

 今年のチームはなんといっても打線が目立つ。

最近はしっかりとしたエースを中心に手堅い野球で出れば確実に
上位に食い込む戦いを見せてきたが、今年は久しぶりの大型打線のチームだ。

中心は通算本塁打31本の福田。他秋の試合で16本塁打はなった、5番の越前、下水流
7番岡田と一発のある打者がずらりと並ぶ。

打線の力だけなら、94の斉藤(巨人)、紀田(元横浜)、多村(横浜)の強力クリーンナップ
の時に匹敵するものがありそう。

投手はエースの川角更に左の西嶋、浦川らをつないでいく。
松坂や、最近では成瀬、涌井といった絶対的投手はいないが、
継投で秋はしのいできている。

秋は決して万全とはいえない感じがする。
ここ数年見せている、『勝ち方を知ったチーム』と言うイメージはない。

むしろ、松坂以前の大型チームっぽいある意味弱点も備えていそうな感じだ。

ここ数年円熟の域に達している間のある渡辺監督がきっちり仕上げてくれば、
春夏連覇校は優勝できないと言うジンクスを破る力はありそうだ。、
[PR]
by maradoona10 | 2006-03-03 00:10 | 高校野球